【PC-98】MS-DOS版N88-日本語BASIC(86)で256色画像を表示してみた♪☆レトロパソコン日記

DOS-BASICで256色画像を表示させてみた PC-88・PC-98

今日は PC-9821 シリーズに搭載の
256色表示機能を BASIC でテスト!

拡張機能を使わないバージョンと
必要なバージョンの 2つを用意。

ダウンロードもできますので
実機をお持ちの方はぜひどうぞ♪

ブログランキング参加中!ポチッ👆と応援よろしくです♪
  • にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
  • にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
 
スポンサーリンク

PC-88から移植した自作RPG「アシュラの塔」のダウンロードはこちらから
N88-BASICのプログラムをWindows上で編集&保存!「N88-BASIC Source editor」のダウンロードはこちらから

拡張機能が無くても画像表示可能

れとこさんの画像と自分の用意した画像を合わせた256色サンプル画像

まず最初に 256色BMP の用意。
98の画面全体に表示するものなので
画像サイズは 640×400 ドット。

前回に引き続き、今回の画像でも
れとこさん の公開されている画像を
利用させていただきました。

カカニャンとゴルディクスの絵は
姪っ子カカニャンが数年前描いたもの。
当ブログや YouTube 動画の中で
使っているものを利用しました。

背景画像は昔BASICで作った自作RPG
天魔降臨の画像を拡大して埋め込み。

今回の場合、色数が少なめの画像なので
減色しても16色の時ほど画質の劣化は
ありませんでした♪

出来上がった BMPファイルを
HSP3 で自作したコンバータを使って
BASIC で直接使える形に変換。

そのファイルを読み込むプログラムが
今回紹介するテストプログラムです。

PC-9821 シリーズの MS-DOS 上で
動作する EXEファイル付きです。
BASIC コンパイラで作成しました。

下記リンクからダウンロードできます☆

ちなみに、エミュレータで起動する場合
BIOS ROM がインストールされた環境
であれば、FreeDOS(98) でも OK!

マルチメディア拡張機能を使わずに
256色画像を表示するプログラムの
ソースリストは下記の通り。

エミュレータ Neko Project 21/W と
実機 PC-9821Cx で確認しました。

【256TESTN.BAS】

1000 '-------------------------------------
1010 '         256色画像表示テスト
1020 '  [ N88-日本語BASIC(86)  MS-DOS版 ]
1030 '
1040 '            256TESTN.BAS
1050 '
1060 '  2023-01-15 : TSAPPS  ゴルディクス
1070 '-------------------------------------
1080 '
1090 ' 初期化
1100 '
1110 CLEAR 800:CONSOLE 0,25,0,1:CLS
1120 OUT &H6A,7:OUT &H6A,&H21
1130 DEF SEG=&HE000:POKE &H100,0
1140 '
1150 ' パレット設定
1160 '
1170 DEF SEG=SEGPTR(2):BLOAD "256TEST.PAL"
1180 FOR I=0 TO 255
1190  PR=PEEK(I*3):PG=PEEK(I*3+1):PB=PEEK(I*3+2)
1200  OUT &HA8,I:OUT &HAA,PG:OUT &HAC,PR:OUT &HAE,PB
1210 NEXT
1220 '
1230 ' 画像表示
1240 '
1250 FOR I=0 TO 7
1260  DEF SEG=&HE000:POKE 4,I
1270  DEF SEG=&HA800:BLOAD "256TEST.V"+HEX$(I)
1280 NEXT I
1290 '
1300 ' キー入力待ち
1310 '
1320 WHILE INKEY$<>"":WEND:WHILE INKEY$="":WEND
1330 '
1340 ' 終了処理
1350 '
1360 OUT &H6A,&H20:OUT &H6A,6
1370 CLS 3
1380 END

このソースなら標準命令のみなので
BASIC コンパイラを利用して
実行ファイルにすることが可能。

そのファイルは ZIP内に同梱されて
いますので、DOS ですぐ試せます。

ただ、このような全画面表示以外だと
描画処理がとても大変になるので
イベント画像の表示のみに限定する
などといった使い方ならいいかも。

動作速度の比較動画を用意しました

マルチメディア拡張機能を利用した場合と
通常命令のみで同じ事をやってみた場合の
動作速度を比較したのが上の動画です。

拡張機能を利用しない方が、
若干スピード早めではありますが
他の描画命令で 256色を使えないので
プログラムを書くのは色々と面倒です。

といったところで今日はここまで!
れとこさん、今回もありがとう♪

それではまた
明日の記事でお会いしましょう☆

ポチッと応援してもらえたら嬉しいな♪

広告
ブロサーの方はこちらからコメントできます

TSAPPS開発室の息抜きゲーム部屋 - にほんブログ村

人気ブログランキングでフォロー


PC-88・PC-98開発
スポンサーリンク
ゴルディクスをフォローする
当サイトをご利用の方へ
当サイトでは、各ゲーム会社様を代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しています。ゲームの画像の著作権はゲーム会社様にあります。当該画像の転載・配布は禁止致します。  
(C)ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
カカニャン(H.N.患者)もよろしく
カカニャン

一言メッセージ

二次創作を中心に絵や小説を作っています(未だ投稿はしていませんが、オリジナル作品も出すつもりです)。 互いに発信し合えるSNSの良さを活かして沢山の方と交流出来たらいいなぁ、と思っています。
レトロゲームとドラクエ大好き!TSAPPS開発室の息抜きゲーム部屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました