アズラン住宅村・湿原地区5118-3まで遊びにきてね♪

ドラクエ5(013)・ラインハットで事件!ヘンリー王子がさらわれた!☆『iOS版ドラゴンクエスト5 徹底プレイ日記』

20200608 ドラクエ5 プレイ日記(13)ドラクエ5 (iOS)

スマホ版ドラクエ5のプレイ日記!ラインハットの城へとやってきたパパスとゴル少年。王様とパパスが話をしている間、城内を見て回ることにしました。

行ける場所を全て巡り、色々な人と話をした後で王様の元へ戻ると、そこにパパスの姿はありません。

ここからちょっとした事件へと発展していくことになります。

では前回の続き、城内探索からスタートさせましょう♪


ブログランキング参加中!ポチッ👆と応援よろしくです♪

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへにほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

※※ 注意! ※※

ざっくりな書き方ではありますが、ネタバレも多少含まれています。もしこれから遊んでみたいというような方は、一度プレイ後にご覧になることをオススメします!遊ぶ機会が無い、もしくはネタバレでも構わないという方はこのままどうぞ☆

スポンサーリンク
レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

第2王子デールだけを可愛がる王妃

玉座の下のフロアにいる兵士からこんな話が。

「坊やの父さんはサンタローズ村の人だよね。はて?まえにどこかの城で見かけたような気がするが、気のせいかな…?」

真実はストーリーを進めていくとわかりますけどね♪

ヘンリー王子の部屋で王子に話しかけると、子分にしてやろうか?と聞かれるので「はい」と答えますが「お前みたいな弱そうなヤツを子分にするか!帰れ 帰れ!」と言われてしまいました。

一方こちらは第2王子デールと王妃のいる部屋。兄のヘンリーよりもデールの方が次の王にふさわしいと自慢します😅

でもデール王子は王様なんかになりたくないと話していますねぇ。

ヘンリー王子を悪く思わないと味方するおばちゃん。

ヘンリーは小さい時に母を亡くしたらしく、今の新しい王妃がやってきたがその王妃はデール王子だけを可愛がっていると言います。それもひどい話だなぁ。

同じ部屋にいる人からは、カエル嫌いなのを知ってて背中にカエルを入れられたみたいですが~😅

城内ではさらに色々な情報が

まだまだ城内を巡ります。正面入口まで移動すると世界地図を見ることができました。少年時代に巡っているのは世界の北部一帯ですね♪

東側にある教会にいるシスターからは、その昔巨大な城が天空から落ちてきて、それから魔物が人を襲うようになったという話が聞けます。

教会の奥にあるタンスを調べて「ふしぎなきのみ」を手に入れたら、2階にある兵士の待機所へ移動。ここでは気になる情報を聞くことができます。

「あちこちの国で子どもがさらわれているらしい」

ここまでで城内を一巡りし終えたゴル少年。パパスと王の話はもう終わったかな?ということで王室へ戻ってみましょう♪

ヘンリーのおもりを頼まれたパパス

しかし王室にパパスの姿はありません。王に聞いてみると行き先が判明!

「パパスにはわが長男、ヘンリーのおもりをしてもらうことにした。そなたもヘンリーの友達になってやってくれい。たのむぞよ。」

再びヘンリーの部屋へと向かうと、その手前にパパスが。どうやらヘンリーに嫌われてしまったみたいですが、ゴルなら子供どうし友達になれるかもという流れに。

再びヘンリーを訪ね、改めて子分になりたいと告げると、隣の部屋の宝箱に「子分のしるし」があるから、それを取ってこいと言われます。

早速隣の部屋へ移動して宝箱を開けるゴル。しかし中には何も入っていません。その事を伝えるためヘンリーの部屋に戻ると、そこにヘンリーの姿はありません。

突然現れた人さらいに王子が誘拐されてしまう!

ヘンリーの座っていたイスを調べると、その下から隠し階段を発見!

降りてみるとそこにヘンリーの姿が。結局子分のしるしは見つからなかったので子分にはしてやれないと言われたのですが…

突然横の扉が開き、外から怪しげな連中が登場!勢いで倒れてしまったゴル。気絶させられたヘンリーは、そのまま抱えられて外へ!

急いで追いかけるとイカダで逃げようとしている人さらいの姿が!

このままでは王子がさらわれてしまう~! といったところで今回はおしまい。

次回、さらわれた王子を追って少年時代ラストとなるダンジョンへ♪

この先の展開もどうぞお楽しみに~!

★ポチッと応援してもらえたら嬉しいです★
にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへにほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへ

コメント


アフィリエイトASPのマネートラック

防犯カメラ専門店 BW


BODYメイキングウェア・ボクサープレス

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました