【電子ゲーム】任天堂ゲーム&ウオッチ復刻版「ボール」を遊んでみた短編プレイ動画♪1000点目前でミス!


古き良き電子ゲームを掘り起こすミニプレイ動画記事。今回は 2009年度クラブ.ニンテンドーのプラチナ会員特典として復刻された、ゲーム&ウオッチの「ボール」をプレイしてみました。

超シンプルなお手玉ゲームなのですが、遊んでみるとこれがなかなか難しくて面白いんですよね~😄 それではまずパッケージ紹介から!


ブログランキング参加中!ポチッと応援よろしくです♪
 
にほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへ にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ

新品同様の状態で保管していました

外箱はこんな感じ。キズなど全く無いきれいな状態で保管してありました。

リアルに販売されていた1980年頃は、おもちゃ屋さんのショーケース内に普通に並んでいたんですよね。他の電子ゲームと一緒に♪

うっすらとした記憶ですが、当時買ってもらった「ライオン」のパッケージを含め、ゲーム&ウオッチがズラッと並んでいたのを覚えています。

今見てもこのパッケージ、シンプルでカッコイイですよね!😆

中身はこの4点。ゲーム本体、取扱説明書、テスト用ボタン電池CR2032(絶縁シート込みでセット済み)、そして専用スタンドとなっています。

どうせなら他のゲーム&ウオッチシリーズも復刻してもらえないかなぁ~なんて思ってしまいました。遊んでみたいゲームは山ほどあるので😁

今ファミコン・スーファミ・プレステなどのレトロゲーム復刻ブームなので、ぜひそれ以前の時代に出たヒット作「ゲーム&ウオッチ」にも光を当ててほしいな~! 任天堂さん、ぜひお願いします🙏

絶縁シートを取って起動!

本体も見事なくらい新品同様の状態です。セットされている絶縁シートを取ると、最初の全パターン表示画面が現れます。

たったこれだけのパターンで作られたゲームということがわかりますね。ここからは動画からくり抜いた写真でご紹介!

操作ボタンは左右のみ!

本体を見れば分かるとおり、ゲームに使うボタンは左と右の2つだけ!何も悩むことがない、めっちゃシンプルな構成ですね。

両手の位置を左右のボタンで調整して、ひたすらボールを受け取ればOKという単純明快な誰でも遊べるゲームです。まさにお手玉⚾

ゲームAはボールが2個、ゲームBはボールが3個となっていて、もちろんBの方が難しいです。動画ではゲームBの方で挑戦しています。

あとちょっとで1000点!というところで操作ミス!落としてしまってゲームオーバーとなりました。ワンミスで終了なので結構神経使います😅

それでは実際のプレイ動画をどうぞ!

というわけで、実際にボールを遊んでいるところをご覧下さい。

約3分半の短い動画なので隙間時間にでもぜひどうぞ😃

次回は再び昔のゲームを引っ張り出してきて紹介したいと思います。

どうぞお楽しみに~♪

★ポチッと応援してもらえたら嬉しいです★
にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ にほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへ

トップへ戻る
error: Content is protected !!