PC-9821のゲームを遊んでみた☆「ボンバーマン ぱにっくボンバー」!フロッピーディスクをエミュレータ用に取り込んで遊びました♪

今回は、現在保管している昔使っていたフロッピーディスクの中から、久々にいくつかのソフトを動かしてみたので、動画と一緒にお届けしたいと思います。

98ユーザーだった方で遊んだことがある!っていう人もいるかもしれませんね。さっそくいってみましょう~♪

貴重なフロッピーディスクをバックアップ!

現在我が家に残っていたフロッピーディスクは、上の写真に映っているもので全て。数年前はもっとあったのですが、既にイメージバックアップを済ませてあったので、そちらは処分済みでした。素品でもらったバザールでござーるのフロッピーケースが懐かしい!

手元にあるのは全て3.5インチサイズですが、5インチの大きなフロッピーもたくさん持っていたなぁ~。今ではその存在すら忘れかけているフロッピーディスクですが、昔はこれが大事な記録メディアでした。

エミュレータで使用するために、これらのまだバックアップを取っていないフロッピーたちを、イメージファイル化しようということになりました。いつ読めなくなるかわかりませんからね。

PC-9801シリーズの動く実機があれば簡単なのですが、手元の98ノートは残念ながら半分死にかけていて起動しません。ですが、PC-98時代のフロッピーを読み込むことができる、USB接続のフロッピードライブは所有しています。

ということで、久々に以前リカバリ作業で復活したVAIO君を使うことになりました。

バックアップ作戦開始!!

今回バックアップに使用するのは、リカバリをしてとりあえず普通に使えるようになっているVAIO C1VR/BP君と、そのオプションとして一緒に購入したUSB接続の3モードフロッピーディスクドライブ

現在メインで使用している Windows 10環境に接続してみたのですが、標準でインストールされるドライバがうまく動いてくれないため、諦めてVAIO君の出番になったというわけです。リカバリしておいてよかった~!

保管してあったフロッピーは、昔の周辺機器用ドライバディスク、データ保存ディスクなどがメインでした。その中に混じって、このようなアプリケーションのフロッピーを発見♪

Windows 98 Second Edition」の起動ディスク、MIDIソフトの「Ballade 2」と「MUTONE-j」、CD-Rライティングソフトの定番「B’sRecorder GOLD」の初期版、書籍タイプで販売されていたゲームソフト「ボンバーマン ぱにっくボンバー」、そして Windows 3.1時代のゲームソフト集「アミューズメント・シリーズ-I」の合計6種類!

VAIO君にインストールした Windows 2000を起動し、メインPCからUSBスティック経由で移した9821エミュレータ「T98-NEXT」を起動。

フロッピーディスクをイメージに変換する機能を使って、エミュレータ用のイメージファイルとしてバックアップを取っていきます。

大半は 1.44MBサイズですが、PC-98シリーズ用のフロッピーには 1.23MBサイズのものも多いです。サイズ設定に注意しながら1枚ずつ地道にバックアップ!読み込めなくなっていた数枚を除き、全てのフロッピーをイメージ化することに成功しました。

取り込んだイメージファイルをUSBでメインPCへ移動!いよいよエミュレータでゲームソフト「ぱにっくボンバー」を起動させてみますよ♪ 次のページへGO!

error: Content is protected !!