アズラン住宅村・湿原地区5118-3まで遊びにきてね♪

ドラクエ5(015)・遺跡の出口で悲しい結末!そして青年時代が始まる☆『iOS版ドラゴンクエスト5 徹底プレイ日記』

ドラゴンクエスト5 徹底プレイ日記 Vol.15ドラクエ5 (iOS)

超スローペースで進行中のスマホ版ドラクエ5プレイ日記!ようやく少年時代のラストシーンに到達しました。一気に遊べばそれほど長くないんですけどね😅

パパスに助けられたヘンリー王子。邪魔なモンスターの登場でパパスが盾となっている間、ゴルと2人で遺跡を脱出することになりました。

あと少しで脱出!というところで、衝撃的な結末が~!

それでは前回の続き、ヘンリー王子を救出したシーンからどうぞ。


ブログランキング参加中!ポチッ👆と応援よろしくです♪

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへにほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

※※ 注意! ※※

ざっくりな書き方ではありますが、ネタバレも多少含まれています。もしこれから遊んでみたいというような方は、一度プレイ後にご覧になることをオススメします!遊ぶ機会が無い、もしくはネタバレでも構わないという方はこのままどうぞ☆

レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

ヘンリー王子と共に遺跡の出口へ!

鉄格子を強引に破壊して王子の救出に成功しますが、「城に戻るつもりはない。王位は弟が継ぐ。オレはいない方がいいんだ。」と話すヘンリー。

そこにパパスがバシッと一発!さらに「父上のお気持ちを考えたことがあるのか?」と説教され、何も言えず黙り込むヘンリー。

追っ手が来ないうちに脱出しようとしたその時、奥からモンスターが登場!パパスが盾になってくれている間に、ゴルが外まで連れて行くことになりました。

出口でゲマに倒されてしまうゴルたち

遺跡の出口まではモンスターが出現しないので、もし宝箱を残したまま奥まで行った場合は、戻りながら拾っていくといいですよ。

出口までたどり着いた2人を待ち構えていたのはゲマ。バトルに入りますが力の差は圧倒的!簡単に全滅してしまいます。

追いついたパパスが手下を倒すが

気絶してしまったゴルたち。そこへ追いついたパパス。ゲマの姿を見てどこかで見た記憶があるのを思い出します。

ゲマはジャミとゴンズを呼び出してパパスを襲わせますが、いとも簡単に倒してしまいました。さすがパパス!

ゴルを人質にされて何もできず倒されるパパス

しかしここで形勢逆転!ゴルの喉元にカマをあてがい、人質にしてしまいました。

何もできなくなってしまったパパス。再び襲いかかってきたジャミとゴンズに滅多打ちにされ、そのまま力尽きてしまいます。

気絶しているゴルに対してパパスから「じつはお前の母さんはまだ生きているはず…。わしに代わって母さんを」と伝えたところで、ゲマが容赦ない攻撃!

パパスは燃え尽きてしまいました。何度見ても悲しい最期ですなぁ😭

ゲマに連れ去られてしまうゴルとヘンリー

パパスが倒され、気絶しているゴルたちは奴隷となることに!

キラーパンサーの子・ゲレゲレは野にかえればやがて魔性を取り戻すということでそのまま放置。

さらにゴルの持っていたゴールドオーブも粉々に破壊されてしまいます。

2人を連れ去ったゲマたち。残ったゲレゲレは気付いた後そのままどこかへ。

といったところで少年時代のストーリーはクリア!

光の教団の神殿を造るために働く日々

パパスの衝撃的な最期で少年時代を終えたゴル。ここからは、奴隷となって10年後の青年時代がスタート!成長した姿で登場します。

苛酷な奴隷生活を送るゴルたち。他の奴隷達に話を聞いていくと、光の教団の大神殿を造るために働かされているみたいです。

奴隷達から情報を集めながら上の階へ移動していきましょう。

成長したヘンリー王子を発見!

最上階は教団のご神体の像が飾られるという場所。ここでゴルと一緒に連れ去られてきたヘンリー王子の姿を発見。

何とかしてここから脱出して母親探しの旅をしたいのですが、なかなかチャンスが訪れません。さて、この後どうやって脱出を図るのか!?

といったところで、今回は時間切れとなりました。

次回、こんな最悪の場所にも味方がいた!その人たちの協力で 10年間も我慢したこの場所から外へ脱出することになります。

十数年ぶりに遊んでいるドラクエ5!ここからはじわりじわり思い出しながら進めていきます😅 この先の展開もどうぞお楽しみに~!

★ポチッと応援してもらえたら嬉しいです★
にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへにほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへ

コメント


アフィリエイトASPのマネートラック

防犯カメラ専門店 BW


BODYメイキングウェア・ボクサープレス

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました