アズラン住宅村・湿原地区5118-3まで遊びにきてね♪

マハラジャ(11)ラーヴァナとのラストバトルに勝利してエンディング!☆『ファミコンゲーム マハラジャプレイ日記』

マハラジャ プレイ日記・最終回ファミコン

ついに今回が最終回!インドが舞台のファミコン用アドベンチャーRPG「マハラジャ」プレイ日記です。

たっぷりレベルを上げて強くなったごるは、いよいよラスボス・ラーヴァナとの戦いに挑みます!

しっかりと強化してから挑めば特に苦労することなく勝てますよ。

それではマハラジャの最終回、始めていきましょう!


ブログランキング参加中!ポチッ👆と応援よろしくです♪
  • にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
  • にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
 
スポンサーリンク

レベル24まで上げた後に最終対決の場へ!

最初はレベル21でラーヴァナに挑んでみたのですが、あまりにもダメージを喰らってしまってちょっと無理だったので、城の入口で頑張ってレベル上げ。

中途半端に上げてもまた失敗したら嫌なので、どうせならガッツリ上げてしまおう!と思い、粘りに粘ってレベル24まで上げちゃいました😄

いくらなんでもここまで上げれば大丈夫だろう!ということで再び城内へ。

ラーヴァナの部屋までご案内~

前回の記事でインドラジットを倒す為に向かったルートとほぼ同じですが、改めてそこも含めたラーヴァナまでの道のりを紹介します。

1階は「後ろ→後ろ→扉→北→北→西」と進めば上り階段。

2階は「東→南→南→扉→→先→扉→南」と進みます。

3階は「北→扉→後ろ→後ろ→扉→北→北→西」と進んで4階へ。

4階は「東→東→東→南→先→先→先→先→扉→西→西」と進めばゴール!

ラーヴァナの待つ最後の部屋に到着です。

ラーヴァナにもアナンタが効きます

ゴールにたどり着くとどこからともなく声が聞こえてきました。

「よくぞここまで来れたものよ。人間にしておくには惜しいやつ。生かしておいてやろう。所詮、人間なんぞにはこの私を倒す力などあるわけがないのだからな。」と話すラーヴァナ。

しかも「我々魔族の仲間にならぬか?私はお前が気に入ったぞ。」という、RPGではよくありそうな感じの流れに突入😅

ここで仲間になる選択肢を選んでしまうと、また城の入口からやり直しを喰らってしまうので要注意!

ラーヴァナは動きを止めて戦おう

枠をはみ出してしまうくらい大きな姿のラーヴァナ。まともに戦うとかなり強いのですが、実は簡単に倒す方法があります。

それは、これまでに何度も使ってきた「アナンタ」のマントラ。

ラスボスなのに普通に効いてしまうんですよね~♪これさえ効いてしまえばラーヴァナは2ターンほど動けなくなるので、その間に連続攻撃します。

時間が動き出したら、再びアナンタを使って動きを止めてしまえばOK!

これでもう二度と蘇ることができなくなったラーヴァナ。完全勝利です!

でも魔族の中にはラーヴァナの意志を継ぐ者がいるはず。今度は人間の醜い力を利用して必ず人間を滅ぼす!と言い放ち、消滅してしまいました。

お姫様と再会してエンディングへ

気がつくとそこはマハラジャのお城。スタート地点となった祭壇の部屋です。

これまでの出来事が全て夢だったとは思えない主人公ごる。お城の寝室へ戻ってみることにしました。

するとさらわれたはずの王女が心配そうに立っていました。

「あのまま過去の世界にいるのかと心配していました。」と話しかけてきた王女。やはり夢ではなかったということですね。

過去の世界でラーヴァナを倒したので、現実の世界では存在していません。

王女と話をしていると懐かしい声が聞こえてきました。その懐かしい声とは、シヴァとガネーシャ。

ラーヴァナを倒したごるの事を称えてくれますが、ラーヴァナの最後の言葉を忘れてはならない!と忠告。

「この世に、弱く醜い心がある限り、邪悪な力が滅びることはないだろう。それはお前たち人間に与えられた試練でもあるのだ。」と話すシヴァ。

「そんな大きな試練に僕1人で立ち向かうことができるでしょうか?」と話すごるに対して「お前と共に歩んでくれる者がそこにいるではないか。」と。

照れた王女様は RPGでおなじみのセリフ「ぽっ…!!」😄

ガネーシャがてくてく歩くエンディング

主人公と王女のお互いが照れるシーンの後はスタッフロール。

ガネーシャが右方向へ歩いていくアニメーションの下にはスタッフの名前。

最後に扉が開く場所まで来たら移動終了。手を振ってバイバイするガネーシャ♪

これにてマハラジャはTHE END!お付き合いありがとうございました。

改めて遊んでみると、このゲームの半分近くはレベル上げ作業の時間だったように思えます😅

でも懸賞で当たったソフトっていうだけで嬉しかったので、当時の満足感はかなり高かったですよ♪ 久々に楽しませていただきました。

次回以降はまた新たなゲームに挑戦してみたいと思います。

それではまた、明日の記事でお会いしましょう~!😉

ポチッと応援してもらえたら嬉しいな♪

★にほんブログ村・トラコミュ★

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました