【PC-9801】英雄伝説3 白き魔女 徹底プレイ日記☆Vol.34・料理の材料集めでジュリオが城下町と城内を歩き回る!

白き魔女

PC-9801シリーズ用RPG「英雄伝説III 白き魔女」徹底プレイ日記!

クリスに料理の材料を集めてきてほしいと頼まれたジュリオは、城下町と城内を歩き回ることになりました。それでは片っ端から行ってみよ~!


ブログランキング参加中!ポチッと応援よろしくです♪
 
にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ にほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへ

※※ 注意! ※※

ざっくりな書き方ではありますが、ネタバレも多少含まれています。もしこれから遊んでみたいというような方は、一度プレイ後にご覧になることをオススメします!遊ぶ機会が無い、もしくはネタバレでも構わないという方はこのままどうぞ☆

材料集め:アンデラ城下町編

ここからは自分が手に入れた順番に書いていきますが、手に入れる順番は関係ないので、どれから手に入れてもOKですよ。

01.赤ワイン

まずは一晩お世話になった宿酒場のドミンゴさんを訪ねました。ここで料理に使うお酒として、赤ワインをゲット!

02.ジャガイモ

続いてはサバトさんのお宅。気の利いたものは無いけどイモならある、ということで「ジャガイモ」を手に入れました。

ここで久々にジュリオの「ニヨイ」発言が登場します😅

03.にんにく

次はリオの家。婆ちゃんに怒られるからという理由で中へは入れませんが、リオから「にんにく」をもらうことができます。

04.魚と貝

どんどんいきます。お次はゴーダさんのお宅!ここでは、ボルトから届いたばかりだという「魚と貝」をもらうことができました。

05.ビーツ

ピエールさんからは、畑から掘り起こしたばかりだという「ビーツ」を譲ってもらえました。材料集め、順調に進んでいますね~♪

06.サワークリーム

イベールさんからは、作りすぎて残っちゃったという「サワークリーム」をもらうことができました。ありがたく頂きます😊

07.スパイス・サフラン・デミグラソース・ヨーグルト

ノックスさんとお茶を楽しんでいたアンヌさんからは、なんと「スパイス・サフラン・デミグラソース・ヨーグルト」の4つをゲット!

ついでにノックスさんにも話を聞いてみると、かなりアンヌさんと仲良くなった様子。ひょっとしたらこのままゴールインかな?😆

08.牛肉

牛肉好きのベルヌさんからは「牛肉」をもらうことができました♪

09.セロリ

コレスさんが何かをカジりながら歩いているのを発見。青物は体にいいんだよと言って「セロリ」を少し分けてくれました。

10.にんじん

次はカランさんのお宅。うちにはにんじんくらいしかないなぁ、ということで「にんじん」を譲ってもらいました。

11.玉ねぎ

ノイヤさんを訪ねると玉ねぎをカジっていましたよ。ということで「玉ねぎ」を分けてもらいました。材料もかなり集まってきましたね!

12.トマトピューレ

城下町のラストは、料理コンテスト参加者のモーナさん。「トマトピューレ」をもらうことができました。

これで城下町での材料集めは完了!町を一回りしちゃいましたね。次はアンデラ城内で材料集めをしますよ。

材料集め:アンデラ城内編

13.カリースパイス

まずは2階の南部にある図書室へ。中にいる人に「料理の本ってないですか?」と聞くと、一番奥の書棚にあると教えてくれました♪

その中には様々な料理のレシピが書かれています。今回は全ての材料を集めるのでどれでも作れますが、必要な物だけを集めるなら最初に読んでおくといいかもしれませんね。

ジョリナ王妃にも話を聞くと、ちょうとメナートから珍しいスパイスが届いたとのこと。侍女に預けてあるみたいなので貰いに行きましょう!

この部屋にいる侍女に話すと、王妃様から預かっている「カリースパイス」が手に入りますよ😄

14.ココナツミルク

材料集めもこれでラスト!マギサさんの部屋へ行って話しかけると、お見舞いにもらったというココナツミルクを渡してくれます。

これで全ての材料が揃いました!クリスに届けることにしますか~♪

大量の材料を渡して調理開始!

1階の厨房へ移動してクリスに材料を全て渡します。元々厨房にあった材料も含めたら全部で20種類!これなら何でも作れますね♪

このあと何を作るかという選択肢が出てきて、どれを作るかによってコンテストの結果が決まってくるのですが、今回はここでおしまい!

次回はいよいよお料理コンテスト本番!しかしすんなりと終わるわけはないですね。さてどんな展開が待っているのか?お楽しみに~😉

★ポチッと応援してもらえたら嬉しいです★
にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへにほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへ

コメント

トップへ戻る
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました