iOS版 ドラゴンクエスト4 徹底プレイ日記♪Vol.028 第5章スタート!勇者ゴルの悲しすぎる旅立ち☆

Pocket

スマホ版ドラクエ4・徹底プレイ日記!今回からついにメインストーリーとなる第5章へと突入します。主人公はもちろん勇者ゴル!序章以来の登場になりますね。それではさっそくスタートです☆

※ 注意 ※
攻略記事というわけではないですが、遊ぶ流れで書いていくので多少ネタバレも含まれています。一度も遊んだことがなく、これから遊んでみたいというような方は、プレイ後にご覧になることをオススメします!遊ぶ機会が無い、もしくはネタバレでも構わないという方は、どうぞこのまま楽しんでくださいね☆

山奥の名もない村からスタートです

エンドールからはるか東の山奥、村人以外は存在すら知らないこの村で育ったのが主人公の勇者ゴル。その自宅から第5章が始まります♪

母親からお弁当をお父さんに持っていってと頼まれるので、まずは届けてあげることにしましょう。

なお、スタート直後の勇者の強さは右写真のとおり。勇者とはいえ、まだレベル1なので弱いですねぇ。

外へ出ると花畑の所には寝転がっている幼馴染みのシンシアが。のどかな光景ですね♪こんな平和な時間が長く続いてくれたら良かったのですが。

村の北側にある川のそばには勇者の父親がいます。話しかけてお弁当を手渡すと、たとえ何が起こっても強く正しく生きろと助言。

村の出口から外へ出ようとしてみると、今のお前ではまだまだちから不足だからその時ではない、と言われてしまいます。

別の一軒家に入ると老人が「今日はそなたにライデインの呪文を教えてしんぜよう!」となるのですが、腹が減っていたゴルのことを見抜き、授業は飯を食ってからすることになります。

怪しげな宿泊客、そして悲劇が…

宿屋に入ってみると、奥の部屋に見慣れない人影を発見。店主に話を聞いてみると、ゆうべ旅の詩人が迷い込んできて、村のおきてを破ってつい助けてしまったとのこと。

その詩人とやらに話を聞いてみると「この村にはキミのような子供もいたのですか」と謎の言葉。本当に詩人なのでしょうか。どうみても怪しい姿をしていますよねぇ。

一度自宅へ戻り、お弁当を届けたことを報告するとゴルもご飯にするかい?と聞かれるので「はい」と答えます。

序章の段階で全てのアイテムを回収してあれば問題無いですが、もしまだならここで「いいえ」を選び、全て手に入れてから進めましょう。二度と取れなくなりますよ!

なお、序章でのアイテム回収に関しては、プレイ日記の第1回目の記事を参照してもらえればコンプリートできますので、まだの方はぜひ♪

ご飯を食べようとしたとき「魔物たちにこの村が見つかった!」と村人が駆け込んできます。ゴルを隠れさせるために村人総出で誘導してくれます。

その際、シンシアには「あなたにもしもの事があったら、わたし…」と心配され、父親の所では突然「わしたち夫婦はお前の本当の親ではなかったのだ」というカミングアウトまで!

もっと詳しく聞かせてくれ~!と言う暇も無く、大急ぎで地下室へと向かっていきます。

地下室に着いたゴルは隠し部屋に入れられます。魔物どもの狙いは勇者の命と告げられ、いまはとにかく逃げて生き延びろと言われます。別れ際にモンスター図鑑を手渡したあと、外へ出て行ってしまいます。

入れ替わりでシンシアもやってきます。「今まであなたと一緒に遊べてとても楽しかったわ…」と言い、モシャスの呪文を唱えます。

勇者ゴルそっくりの姿に変身し「さようなら ゴル…」と別れの一言。このシーン、何度見ても悲しくなりますなぁ。

シンシアが出て行ってすぐ、勇者ゴルをしとめたという魔物の声が!その正体はシンシアだと知らずに勇者は死んだと判断したデスピサロは、魔物たちとともに引き上げていきます。

無残な姿に変わり果てた村から旅立つ

外へ出てみると先ほどとはまるで違う、ボロボロに荒れ果ててしまった村の姿が。村人も全員やられてしまったようです。悲しすぎる~!

花畑があった場所に行ってみると何かが落ちています!調べてみると「はねぼうし」が手に入りました。ひょっとしてこれはシンシアの物?

勇者の自宅もご覧の通り粉々に壊され、燃えてしまっています。あまりにもひどすぎですね。悲しみをこらえつつ村を出ると、すぐ南の場所に家があるみたいです。まずはそこを訪ねるのですが、今回はここまで!

次回、こちらの一軒家を訪問、さらにその南にある小さな城下町にも行ってみたいと思います。勇者ゴルの旅はこの先どうなっていくのか?今後の展開もどうぞお楽しみに~☆

ブログランキング参加中です♪

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

error: Content is protected !!