約30年前に作った自作RPG・マップは方眼ノート☆大活躍のジャポニカセクション♪手書きモンスターもたくさん!

約30年前、小学生の頃に作ったRPGのノート。大切に保管しておいたもので、新しいゲームのネタになるかなと思い、久々に引っ張り出してみました。早速覗いてみましょう♪

大活躍した「ジャポニカセクション」

このデザインの方眼ノート「ジャポニカセクション」、見たことありますか?僕が小学生・中学生くらいの頃に販売されていたものです。何十冊使ったかわからないくらい利用しました。

このノートを使って、ドラクエのようなRPGを作っていました。タイトルは「ドラゴンアタック」。内容のよくわからないタイトルであります。

呪文の一覧とレベルアップ関連データも。方眼をうまく使い、位置を揃えて書いてました。

作っていた当時、ちょうどドラクエ2・3やファイナルファンタジー1・2あたりを遊んでいました。その影響がかなりありますね。

フィールドマップは色鉛筆で♪

かなりドラクエを意識したフィールドマップです。シャーペンと色鉛筆の組み合わせで書いていました。

マップ全体のボリュームとしては、ドラクエ1と2の中間くらいの量だと思います。もうちょっと肉付けしてアプリに出来たら面白いだろうな~と考えています。

こちらは先ほどの写真の南側にある、ゲームスタート地点のお城。

会話可能なキャラクタにはアルファベットが振られていて、プレイヤーが誰と話すと言えば、マスター側の僕がその内容を伝えるという形で遊んでいました。

写真の下の方、人Aとか人Bと書かれていますよね。これが会話内容の書かれた別のノート。よ~く見ると、マップ側の城入り口近くに人Bがいて、その会話内容が「これ、私の犬よ!かわいいでしょ?」となっています。

人Bの隣にいる犬の絵、実は我が家で当時飼っていた愛犬のミニチュアダックスフンドを描いたものでした。昔を思い出すなぁ。

モンスターも、もちろん手書きイラスト♪

こちらは敵の強さをまとめた別紙。名前・出現場所・ステータスなどが書かれています。バトルはサイコロの目を利用して行っていたので、目ごとのダメージ数なども書かれています。

モンスターのイラストも、もちろん手書きで描いていました。描いたのは僕では無く弟ですけどね。

大学ノートの1ページに何種類も描いて、このように切り取って使っていました。残っているモンスターのイラストを見ると、結構な数があります。こうして見るとなかなかの大作だったんだなぁ。

おっとっとの箱がモンスター入れに!

昔のまま保管してあるので、先ほどのモンスターイラストやサイコロなど、ゲームに必要な小物をしまってあったのは、なんとお菓子の「おっとっと」の空き箱。

まだ消費税もない時代です。セブンイレブンの値札シールには「¥88円」の文字が!この箱のデザインも懐かしいですね。

開けてみたところがこちら。大きなサイコロと小さなサイコロ、そしてモンスターのイラストが大量に入っています。

実は続編「ドラゴンアタック2」のモンスターも入っています。

1が完成してすぐ、続編も作っていました。しかも1の数倍のマップボリューム。1はノートの最後までいきませんでしたが、2はほぼノート一冊全てを使って書かれています。

しかも4人パーティプレイで、キャラ毎にスタート地点が違うという設定。最終的に合流して1組になり、ラストを目指すという感じです。

よく最後まで完成させたなぁ~と自分でもビックリしてしまいます。

せっかくここまで作り上げた作品なので、何とかアプリ化して実際に動く形に仕上げてみたいですね。

当時は、この2作品をファミコンゲームとして作りたい!という夢がありました。ぜひアプリとしてその夢を実現させたいなと思っています。

いつか、リリースできる日が来るといいな~♪

コメント

  1. だいすけ より:

    こんにちは。
    久々に書き込みします(^ω^)
    すごく細かく書かれてますね!
    すごいなぁ〜。
    本格的!!
    ドラクエマニアにはたまらない作りですね(°▽°)
    いつかアプリでリリースしたら
    買わせてもらいますね♪
    また来まーす!

    • retro ゴルディクス より:

      コメントありがとうございます♪
      小学生の頃に考えた貧弱な設定ではありますが
      いつかファミコンゲーム風にアレンジして
      アプリとしてリリースさせたいと思います(^_^)v

error: Content is protected !!