MYファミコンヒストリーVol.1☆ディスクシステムのRPG・ディープダンジョンをご紹介♪

Pocket

過去に所有していた、または遊んだことのあるファミコンゲームの中から、特に印象に残っている作品を再入手し、実際に動かして紹介することにしました。マニアックなゲームも登場するかも!?

第1回目はディスクシステム用のRPGをご紹介です☆

魔洞戦記ディープダンジョン

開発はハミングバードソフト、発売はDOG。現在のスクウェア・エニックスです。

ディスクシステム用の両面ソフトで、3D視点のダンジョン内を探索していくRPGです。

ウィザードリィのような感じですが、こちらの方がシンプルで遊びやすいシステムになっています。

敵を倒してレベルを上げ、お金をためて武器などを買う、スタンダードなRPGといった感じです。

3D迷路を歩くので、ノートなどに手書きで地図を書いて遊んだものです。懐かしいなぁ。

ということで、まずは起動させてみましょう♪

ディスクシステム起動!!

懐かしい画面ですねぇ。マリオとルイージが走り回る、ディスクシステムの起動画面です。

ここでディープダンジョンのディスクカードA面を挿入すると、読み込みが始まります。そして数秒後…

タイトル画面が表示されました。1986年のゲームかぁ~。自分がまだ小学生の時です。

このままちょっと待っていると、プロローグがスクロールしてきます。

ブラウン管テレビの時代、この文字がすっごく読みにくかったんですよねぇ。平仮名だらけで読みにくいですが、これもファミコン時代のいい思い出ということで♪

それでは、先へ進むためにスタートボタンをプッシュ!!

ディスクカードの読み込み音もまた懐かしい!独特のリズムなんですよね。

名前を入れてゲームスタート!

読み込み終わると、こちらのセーブデータ選択メニューが。

最初なのでまずは「なまえとうろく」を選んで、1つめの枠にデータを作ります。

名前は、ひらがなで5文字まで。濁点なども1文字になるので、当時はかなり悩んで名付けていましたね。ドラクエもそうでした。

入力が終わったら「おわり」を選んで作成完了です。

いよいよゲームスタート~♪

王様からお金を渡されます

スタートはドールの街。ここの王様から、魔王を倒してエトナ姫を助け出してほしいと頼まれます。

何も持っていない主人公に、王様は200ゴールドのお金を渡します。

このお金を使って最初の装備を買いそろえることになります♪

武器と防具をバランスよく買うのが普通の遊び方ですが、今回は思い切っていきなり3段階目の武器「せんとうやり」を買ってみました。

所持金はいきなりゼロになりますが、うまくいけばすぐに取り戻せるので、ここはあえてチャレンジです。

あとは地下迷宮へ進むしかないので、早速行ってみましょう♪

地下には広大な迷宮が待っている!

街を出て最初に見える景色がこちら。

視界は3歩分しかありません。いかにも暗闇の迷宮といった感じ。

もちものを開いてみると、武器以外は何も持っていないことがわかります。

いきなり強い敵が出てきて死んでしまうこともあるので、まずはここでセーブしておきます。死んでしまうとセーブ位置からやり直しになるので。

無事セーブをしたところで、いよいよ探索開始!

迷宮内を歩いて行くと、所々に「ごみのやま」を見つけます。

ここには宝物かモンスターが隠れています。

早速調べてみましょう!

無事お宝を見つけました!基本はこうやってお金を稼いでいきます。ごみの位置は変わらないうえ、街に戻ったりした後には復活するので、一度場所を覚えてしまえば何度でも来ることができます。

運がいいと連続でゴールドをゲットできますが、モンスターが出てくることもあるので要注意ですよ!

こちらは、ごみのやまから出てきたモンスター。

ジェルはこのゲームで一番弱い敵ですが、自分のレベルが1の時は強敵です。強い武器を持っていてもなかなかヒットしないことが多いです。

モンスターの出現バランスがとんでもなく悪いので、ひどい時は迷宮に下りてすぐに強敵が現れ、一発で死んでしまうこともあります。

まだセーブしていないのにぃ~!ということが何度もありました☆

続編もありますよ♪

以上、ディープダンジョンの最初の部分までを簡単に紹介しましたが、いかがでしたか?

迷宮は地下7階まであり、実際に遊ぶとなかなかの広さです。

今遊んでも結構な満足感があると思いますよ。

このディープダンジョン、第2弾もディスクシステムで出ているので、そちらも今後紹介できたらと思っています。お楽しみに♪

人気ブログランキング参加中です♪

error: Content is protected !!