楽しいバーチャルコンソール「ファミコン編」☆ROMカセットに移植されたゼルダの伝説1を遊んでみました♪

ニンテンドー3DS・2DSで遊ぶことのできる、バーチャルコンソールのゲームの中から、今回はファミコンディスクシステム時代を知る人には懐かしい「ゼルダの伝説1」をご紹介します。ゼルダシリーズの第一作目ですね♪

ディスクシステムからの移植作品

1986年にファミリーコンピュータ・ディスクシステム用のゲームとして発売されたのが「ゼルダの伝説」。

主人公のリンクを操作して、8つのカケラとなってしまった知恵のトライフォースを集め、大魔王ガノンを倒してゼルダ姫を救い出すという、アクションRPGです。

ディスクシステム独特の音源がROMカセット版では利用できないため、一部の音楽がディスク版とは違っています。

文字のフォントも変更になっていたりと、元祖ディスク版とは若干の違いもあるのですが、ゲーム内容そのものは全く同じですのでご安心を♪

ヒトリデハキケンジャ コレヲ サズケヨウ

ゲームを始めると、最初の画面に洞窟があります。

開始直後、何も持っていない状態のリンク。

武器無し・金なし・道具無しの状態で始まるんですよね。

これでは敵と戦うこともできません。

ということで、まずはその洞窟へ入ってみましょう。

一人の老人がいて、手前にはソードが置いてあります。

ヒトリデハキケンジャ コレヲ サズケヨウ

そう言ってリンクに、武器となるソードを授けてくれます。

これでやっと敵と戦うための準備ができました。

いよいよトライフォース探しの旅が始まります。

迷宮を探してフィールドを駆け巡る!

フィールドに存在する敵を倒しながら、点在する迷宮の入口を探します。

迷宮の中にはボスがいて、倒すことでトライフォースのかけらを手に入れることができます。

そこにたどり着くためには、様々なアイテムを駆使しながら進まなければなりません。

フィールド上に見えている洞窟、木を燃やすと出てくる隠し階段、岩盤を爆破すると現れる隠し洞窟などなど。

洞窟にはアイテムをくれる人がいたり、お店になっている場所などもあります。

同じアイテムでも場所によって安く買えたりするので、それを探し出す楽しみもありますね。

広大なマップと隠し要素

当時としてはかなり広いフィールドマップでした。

横16画面、縦8画面という全128画面のフィールドマップは、ディスクシステムならではの広さですね。

これに加えて迷宮が9つもあるので、当時攻略する際には自分で紙に地図を書いて、何があるかメモをするといった作業もしていました。

ほとんどの画面に隠し要素があるといってもいいくらいなので、爆弾を使ったりローソクで燃やしたりと、とにかく探しまくりでした。

さらに凄いのが「裏ゼルダ」と呼ばれる裏モードが存在すること。

外のフィールドマップは、ぱっと見変化がないように感じますが、迷宮の配置がLEVEL 1以外全て違います。

さらに、ダンジョンマップが表と全く違い、難易度も高めになっています。

つまり1つのゲームで2つの内容を楽しめることになりますね。

当時は裏ゼルダを自力攻略できず、攻略本に頼って何とかクリアしたという思い出があります。

書いているうちに、もう一度最初から挑戦してみたくなってきました。

ドラクエ11が終わったら遊んでみようかな~♪

また次回、バーチャルコンソールのゲームをご紹介できればと思っていますので、どうぞお楽しみに☆

人気ブログランキング参加中です♪

error: Content is protected !!