便利なUSBオーディオ変換!iBUFFALO「BSHSAU01BK」☆ノイズが入りまくる状態がこれ1つで一気に改善♪

オーディオケーブルを使ってPCに外部機器の音声を取り込む際、PCに標準装備の入力端子に接続すると、かなりのノイズが入ってしまいました。困っていたところ、ネットで便利そうな見つけたので購入してみましたよ☆

iBUFFALO「BSHSAU01BK」

今回購入したのはUSBオーディオ変換ケーブルというもので、PCのUSB端子に接続します。外部機器のオーディオ出力へ繋いだオーディオケーブルと、こちらの機器のマイク入力を接続することで連結は完了!

3DSと繋いでみるとこんな感じ。写真ではわかりにくいですが、3DSのイヤホン出力端子と変換ケーブル側のマイク端子を、オーディオケーブルで繋ぐだけで準備完了です。簡単ですね♪

お値段がお手頃なのがいいですね♪1200円ちょっとで手に入りました。興味のある方はぜひ覗いてみてください。オススメですよ☆


BUFFALO 0.2m USBオーディオ変換ケーブル 【A】⇔【φ3.5mm】(ブラック) BSHSAU01BK

 

Windowsのドライバは自動でインストール

USB端子にこのケーブルを接続するだけで、勝手にドライバがインストールされて使用可能になります。特別何かを用意するといったことは必要ありません。これまた楽ちんですねぇ♪

接続したらプロパティを確認する必要があるので、コントロールパネルなどからサウンドの設定を開き、まずは「再生」タブの中身からチェックしていきます。

正しく認識されていれば「2-USB PnP Sound Device」というスピーカーが表示されています。上の写真は僕の環境での表示なので、PCによって中身は違いますよ。

ウィンドウの下の方に少し見えているスピーカーは、元々使っているマザーボードのサウンド機能のもので、既定のスピーカーです。

今回のケーブルを接続すると、既定のスピーカーが変換ケーブル側になってしまう場合があるので、そのときは元々のスピーカーを既定値に設定しなおしてください。音が聞こえなくなってしまいますよ。

次は「録音」タブをクリック。こちらにも新しいマイクとして「2-USB PnP Sound Device」が表示されています。録音側はこの変換ケーブルのマイクを既定としてセットします。

いつも使っているウェブカメラにもマイクが内蔵されているので、写真のように表示されています。外部入力で録音するので、変換ケーブル側を既定にしないと音を取り込めないので注意です☆

最後はマイクのプロパティ。先ほどの画面で変換ケーブルのマイクを選択した状態で、右下のプロパティボタンをクリックすると、上の写真のプロパティウィンドウが表示されます。

ここの「聴く」タブをクリックし、「このデバイスを聴く」のチェックボックスにチェックを入れます。さらに「このデバイスを使用して再生する」の選択肢から、メインの出力スピーカーを選択します。

この設定を間違えても、外部入力の音声を聴くことができないので、注意してくださいね♪これで準備は整いました!

次のページではMDからPCへ、音楽を取り込んでいきますよ!ぜひご覧くださいませ~☆

error: Content is protected !!