【PC-9801】英雄伝説3 白き魔女 徹底プレイ日記☆Vol.11・長かった序章が完結!シャリネのあるネガル島へと向かう♪

PC-9801シリーズ用RPG「英雄伝説III 白き魔女」徹底プレイ日記!序章もついに大詰めですよ~☆崖崩れが発生したという場所を調べるため、ジュリオとクリスの2人が向かいます。

※ 注意 ※
攻略記事というわけではないですが、遊ぶ流れで書いていくので多少ネタバレも含まれています。一度も遊んだことがなく、これから遊んでみたいというような方は、プレイ後にご覧になることをオススメします!遊ぶ機会が無い、もしくはネタバレでも構わないという方は、どうぞこのまま楽しんでくださいね☆

崖崩れの場所にいるおじいさんを助ける

アルデの村を出たら東方向へ。もみの木ヵ原を道なりに南へと進んでいくことになります。

崖崩れの場所へ向かう途中、写真の場所へ行くとジュリオが「ビー玉」を見つけます。クリスにはバカにされますが、売却するとピアに換金できるので、貴重なお金になりますね。ぜひゲットすべし♪

崖崩れの場所に到着。そこにはミゲルじいさんがいました。どうやら足をくじいてしまった様子。アルデの村から息子のトバイを呼んできてもらえないじゃろうか?と頼まれるので、もちろん引き受けてあげましょう。

アルデに戻り、船を出すのを断られてしまった漁師のトバイさんに報告。すると家を飛び出して助けに向かいます。ジュリオとクリスも心配なので後を追っていくことに。

場面はすぐに切り替わってミゲルじいさんのところに到着。アザラシが出たくらいで漁に出ないトバイを一喝!反省したトバイに連れられて無事に村まで戻りました。

アザラシたちを追い払うには

アルデに戻ったミゲルじいさんは、トバイにネガル島まで送るようにキツく言っておいてくれたみたいで、一足先に船着き場へ行ったみたいです。

船着き場の入口にいる人の話だと、オヤジさんに叱られたみたいですね。でもそのおかげでネガル島まで渡ることができそうです♪

船着き場へ進むとトバイが「寝てるアザラシを起こさねーように、こっちに来るべ!」と叫びますが、その声があまりにも大きかったせいでアザラシたちが起きてしまい、先へ進めなくなってしまいます。

一度村の中へ戻ると、宿屋に行商人が到着していました。お菓子をくれたのでジュリオが食べてみると、アザラシのエサと間違えてしまったとのこと。

クリスがそのエサをもらえないか聞いてみると、譲ってもらうことができました。これで何とか船に乗ることができそうですね♪

ついでに行商人から「サフィー 第1巻」を購入しておきましょう。アイテムコレクターとして手に入れておかねば♪

アザラシを追い払って無事に乗船!

再び船着き場へ。先ほどゲットしたアザラシのエサを海の方に投げて、それを食べている間に乗り込もうということに。

ずいぶん遅かったなと言われますが、大声のせいでアザラシが起きちゃったことを伝えると謝られます。何にしても無事出港できるのでめでたしめでたし♪

船の名前「タラッタ号」のことをジュリオは変な名前と言いますが、土地の言葉で海原号っていう意味があるみたいですよ。

出港後、航路が安定したところで食事タイムになりました。というわけで船室へ移動します。

トバイさんの作った麦飯のシーフード・カリーピラフをご馳走してもらえました。腹ぺこだった2人は一気に平らげてしまいます♪

一息ついた2人は、部屋にあった本棚から「キャプテン・トーマスの本」を見つけます。トバイさんもキャプテン・トーマスのファンだったみたいですね。

ここのタルを調べると、クリスがハックおじさんのことを思い出します。次はどこで会うことができるのか、ちょっと楽しみですね♪

序章完結!最後に海獣ガルガの姿が!

再び甲板に出た2人。マストを調べたりしながら時間をつぶしていると、ジュリオが何かを見つけます。トバイさんにも見てもらうと、その正体が海獣ガルガであることがわかります!

ネガル島の沖海を巨大なコブのようなものが南へ移動しているのを見てしまった3人。果たして島は無事なのか!?というところで序章「小さな巡礼者」が完結します。

章の区切りで見ることができるチビキャラによる振り返りアニメ。ラグピック村から始まり、ディーネ、ラグーナと進み、鷹の爪号に乗船。

船上ではシャーラ・グースコンビとの追いかけっこもありましたね。あの2人ともいつかどこかで会うことになりそうです。

ニーリの町からアルデの村へ進み、タラッタ号でネガル島へ向かう途中で海獣ガルガの姿を目撃した2人。このあとどういう展開になっていくのでしょうか。

次回はいよいよ第1章「テグラの宝石」が始まります。巡礼の旅はまだまだ始まったばかり!この先の展開もどうぞお楽しみに♪

ブログランキング参加中です♪

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

error: Content is protected !!