ドライブの思い出写真『北海道編』☆Vol.1「利尻島・その1」

今回はゲームからちょっと離れて、僕のもう1つの趣味であるドライブ・写真撮影という所からピックアップして書いてみました。今後、昔撮影したベストショットを少しずつご紹介していこうと思います。

北海道で一番好きな場所「利尻島」

もう10年以上前ですが、長期休暇などをうまく利用して、北海道の道の駅スタンプラリーを完全制覇したことがあります。道内のほとんどの場所を走ってきた僕ですが、中でも一番お気に入りの場所が道北、オロロンラインと呼ばれる海岸線の道路です。石狩市から稚内市まで、全てこの海岸線で走っていくことができます。快晴の日は本当に最高のドライブルートですよ♪特にいい!と思えるのが、天塩町から稚内市までの道道106号線「稚内天塩線」という道路。天塩町側からこの道路に入ると、稚内までに信号のある交差点はほんの数ヶ所。ほぼノンストップで走れます☆下の写真を撮影したのは陽の沈む少し前。このような道路が約40kmほど続きます。

海の上に見える利尻山がキレイ☆

道道106号線をひたすら北上していくと、いくつかビュースポットがあります。その中の1つ「こうほねの家」のパーキングエリアから撮影した、夕日と利尻富士の1枚がこちら!

この日はきれいに雲もとれて、山頂までくっきりと見える最高の条件でした。滅多にないんですよ、こんな状態。いつも少し霧がかかっていたり、山自体が見えなかったり。もう何度も行ってますが、ここまでキレイに撮れた写真は数枚だけです。肉眼でこの景色を見ると感動しますよ♪この日は、太陽が沈むまでず~っと見入っていました。

ちなみに、昼間に別の場所で撮影したものがこちらです。

こちらも雲が少なかったのでキレイに撮れました。利尻山が利尻富士と呼ばれるのが分かる気がします。ほんと、富士山のように迫力のある見た目で、形もとてもきれいなので。

札幌~稚内まで約300kmのロングドライブ

札幌駅から国道231号線を石狩方面へ抜けて北上、海沿いを走って留萌市からは国道232号線になり、さらにひたすら北上します。天塩町に入ったら道道106号線に向かい、そこからさらに北上。稚内市の手前まで行くと、登り坂と海岸線の二手に分かれます。そこでさらに海岸線を進むと、ノシャップ岬にたどり着きます。そこから見る利尻山もまたきれい。近くには水族館や土産物屋さん、食堂などもあります。ここから稚内市内までは数キロ。合計で300キロ超えのロングドライブになります。距離は凄いですが、実際は信号も少なくてあまり止まらずに行けるので、とても気持ち良く走ることができます。道北を旅行する際はぜひ、このルートも走ってみてくださいね。最高の景色を堪能できます。

次回は利尻島第2弾として、フェリーで島へ上陸して撮影した写真をご紹介します。たくさんあるので数回に分けて紹介する形になると思います。どうぞお楽しみに~♪

人気ブログランキング参加中です♪


error: Content is protected !!