【PC-9801】英雄伝説3 白き魔女 徹底プレイ日記☆Vol.05・鷹の爪号に乗船!船員として仕事をしながらの船旅♪

Pocket

PC-9801シリーズ用RPG「英雄伝説III 白き魔女」徹底プレイ日記!脱走兵の一件が解決したので、ハックおじさんの家を訪ねてみることにしたジュリオとクリス。さっそくスタートしましょう☆

※ 注意 ※
攻略記事というわけではないですが、遊ぶ流れで書いていくので多少ネタバレも含まれています。一度も遊んだことがなく、これから遊んでみたいというような方は、プレイ後にご覧になることをオススメします!遊ぶ機会が無い、もしくはネタバレでも構わないという方は、どうぞこのまま楽しんでくださいね☆

ハックおじさん宅を訪問

前回ジュリオが1人で来たときは誰もいませんでしたが、今回訪ねてみると人影がありました。クリスが話しかけてみると、すぐにわかってくれました。最初は「まさか駆け落ち?」などと勘違いされますが…。

巡礼の旅をしていることを知ると、白き魔女と同じ道をたどっているということで素晴らしい!と言われます。

話を続けていると借金取りの人が訪ねて来ます。この人がタンスの中を探している隙にハックさんは裏の窓から逃げ出してしまいました。本当に変わった人ですねぇ~

そうこうしている間に港の方から鐘の音が聞こえてきます。間もなく出航するという合図ですね。ということで、いよいよラグーナの町を出発することになります♪

鷹の爪号に乗船!船長さんにご挨拶☆

船の入口にいる水夫さんに止められますが、銀の短剣を見せると巡礼の旅人だとわかり「キップなんていらねぇや」と通してくれます。

入ってすぐの場所にいるボスレイさん。巡礼の旅人は船賃無料だけど、掃除や洗濯などの仕事をしなければいけないみたいです。タダで乗せてくれるんだから、お手伝いくらいはやらなきゃですね☆

会話後、船長の部屋まで案内してくれましたよ。2人のことを歓迎してくれたようです。船員と同じ扱いなので、どの部屋も出入りは自由にしていいという許可も下りました。

シャーラ&グースが再び登場!

船長への挨拶も済んだところで、今度はジュリオとクリスが利用する部屋まで案内してもらえます。ここでクリスはジュリオをからかって遊びます♪

一方最後の乗船客として現れたのが、最初にラグピック村で銀の短剣を盗もうとした、シャーラとグースの2人組。まさかの同じ船に乗船です。

しかもその2人が泊まるのは、ジュリオたちの隣の部屋。ボスレイさんが呼びに来て2人は仕事を始めることになり、部屋を後にします。

その隙に2人はジュリオたちの部屋へ侵入!銀の短剣を探し始めますが部屋には無いことがわかり、急いで自分たちの部屋に戻ることに。このコンビ、何をやっても失敗ばかりですねぇ~

船員としてお仕事スタート!

ジュリオに割り当てられた仕事は部屋の掃除。鷹の爪号には8つの部屋があるようなので、片っ端から歩いて掃除していくことにしましょう!

調理場に立ち寄ると、クリスが調理補助の仕事をしていました。邪魔者扱いされて追い出されてしまいます。

1つ下の階層にある部屋から掃除スタート!ちなみにこの部屋は、ヘストンさんというお金持ちのお客さんが泊まっています。

なお、お客さんのいない空き部屋にも入って、しっかり掃除しておく必要があるので忘れずに!

自分たちの部屋も掃除するために立ち寄ると、ちょっとだけ違和感を感じるジュリオ。シャーラとグースが銀の短剣を探しに来ましたからねぇ。

シャーラたちの部屋にも掃除のため入ろうとすると、グースが「昼寝しているから掃除はいいや」と断ります。なお、窓から中を覗こうとすると、ドアの所まで逃げて姿が見えないように隠れます☆

掃除完了!そして船旅1日目は無事終了☆

全ての部屋の掃除が終わったら、甲板にいるボスレイさんの所まで戻って報告しましょう。食事の準備もできているみたいなので、早速お食事タイムといきますか~♪

クリスが作ったという料理を、船員のトンジャさんと一緒に3人で食べることに。先に食べたトンジャさんは「マズくもないが、うまくもない。個性的味」という評価。

それを聞いたジュリオは一口も食べず。作ったクリス本人が食べても無言になり、一気に食べて下げてしまいました。残念な結果でしたねぇ

先に部屋へと戻ってきたジュリオ。本でも読んで待とうということになりますが、本棚を調べるとちょっぴりエッチな本を発見。ドキドキしながら読もうとするとクリスが戻ってきて焦るジュリオ♪

色々ありましたが無事に1日目が終了しました~☆船旅はまだ始まったばかり!2日目は何が起こることやら。

次回、船旅2日目がスタート!安全なはずの鷹の爪号で事件が発生します。一体どうなる?この先の展開もどうぞお楽しみに♪

ブログランキング参加中です♪

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村
error: Content is protected !!