N88-BASIC Source editor 開発進行状況!D88サポート機能を追加中♪☆HSP3でプログラミング

N88-BASIC Source editor 続報 HSP

土日を利用して久々に再開させた
N88-BASIC Source editor の開発。

アップデートに必要な内部処理を
追加・調整する作業に時間がかかり
全体の進行度はイマイチでしたが😅
少しずつ見た目に反映されています。

そんな昨夜現在の実行画面を
短くまとめたミニ日記としてお届け!

ブログランキング参加中!ポチッ👆と応援よろしくです♪
  • にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
  • にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
 
スポンサーリンク

PC-88から移植した自作RPG「アシュラの塔」のダウンロードはこちらから
N88-BASICのプログラムをWindows上で編集&保存!「N88-BASIC Source editor」のダウンロードはこちらから

エディタは Ver.1.05 を公開中です

『N88-BASIC Source editor』☆PC-8801シリーズ用N88-BASICとWindows PCで直接ファイルをやり取りできます!
ゴルディクスの運営するもう1つのブログ『TSAPPS開発室の息抜きゲーム部屋』とTwitter でよくお知らせしているソフト「N88-BASIC Source editor」の詳細解説ページはこちらです。 レトロパソコン PC-8801 関

N88-BASIC Source editor は
僕の運営するもう1つのWebサイト
『レトロパソコンで遊ぼ!』の中で
現在公開中。

上記記事の中にあるリンクから
Ver.1.05 をダウンロードできます。

PC-8801 シリーズの N88-BASIC で
作られたプログラムソースファイルを
Windows 上で編集&保存が可能。

RS-232C クロスケーブル接続で
PC-88 と直接送受信もできます。

さらに新機能 CMTファイル読み込みで
カセットイメージファイルからの
直接読み込みまでできてしまう
結構便利なエディタです♪

ファイル一覧の取得&表示まで完成

次のバージョンで搭載予定の新機能
「D88ファイル・ユーティリティ」を
早期完成目指して鋭意開発中!

実際に読み込んだり書き込んだりする
内部モジュール自体は完成済みなので
あとはそれを利用してプログラムへ
組み込んでいくだけなのですが
テスト中に色々不具合も見つかるので
簡単には進まないんですよね~😅

一覧表示処理を作りました

D88ファイルを直接読み書きする機能を開発中です

2日前の記事で紹介した画面を
少しだけ調整して出来上がったのが
上写真のウィンドウです。

リスト上部には D88 のディスク名と
含まれているファイル総数。

右下には開いている D88 ファイル名、
フロッピーの種類(2D or 2HD)、
空きクラスタ数を表示しています。

リストボックス部分にあるのが
N88-BASIC のファイル一覧。

左から行番号、ファイル名、
ファイルの使用クラスタ数、
ファイル属性となっています。

属性表示を簡単に説明すると
左端が保存形式 3パターンで
B=機械語、A=アスキー形式、
-=非アスキー形式。

2桁目に P があれば書き込み禁止。
3桁目に R がある場合は
リードアフターライトが ON。
4桁目に E がある場合は
暗号化保存されたファイルです。

表示位置などは今後微調整予定なので
少し変更されると思います。

D88 の中身が表示されただけですが
大きく進展したような感じますね。

後日、実際に中身を読み込んで
開く機能などを作成していきます。

このエディタの最新情報などは
今後もブログと Twitter で
発信していきますのでお楽しみに!

それではまた明日の記事で!

ポチッと応援してもらえたら嬉しいな♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました