NECの名機PC-8801初代機で開発☆白黒ディスプレイで作ったRPG「アシュラの塔」

PC-8801エミュレータ「M88」に、元々持っていたフロッピーディスクを取り込んで構築した環境で動かした、1990年開発のオリジナルRPG「アシュラの塔」をご紹介します。今見ると恥ずかしくなるような完成度ですが、当時はこれでも嬉しかったものです♪

PC-8801とは?

PC-8801はNECから1981年に発売されていたパソコンです。僕の自宅にあったものは、知人の家の物置に眠っていたものを貰ってきたものです。PC-8801シリーズで有名な機種に「PC-8801mkII SR」という、ゲーマーに大人気の機種があります。サウンド機能やフロッピーディスクドライブが標準装備、処理速度の大幅アップなど、88シリーズの人気を確立させた機種なのですが、うちにあったのは初代機。そのような機能は一切ありません。フロッピー無し、ディスプレイは白黒、サウンドはブザーのみ、記憶装置はデータレコーダーを使ったカセットテープ記録。今では信じられないような環境ですねぇ。そんな初代機に内蔵されていたプログラミング言語「N-88 BASIC V1」を使い、当時中学生だった自分は専門誌や説明書などを片手に、BASIC言語の勉強をしていたのでした。毎月愛読していた雑誌「マイコンBASICマガジン」が、この世界を好きになるきっかけになったのは間違いありません。

オールBASICで作ったオリジナルRPG

そんな環境で初めてまともに完成したオリジナルRPGが、こちら「アシュラの塔」です。このページの画像は全てPC-8801の解像度(640×200ピクセル)そのままなので、その粗さなどが分かっていただけるかと思います。画像そのものは640×400ありますが、PC-8801シリーズのカラーモードは縦が200ピクセルで、ラインとラインの間が1ピクセル空いているため、縞々の画像になっているわけですね。ちなみに当時は画面が白黒8階調ディスプレイだったので、このゲームの色は想像で設定していました。数年後にPC-98DO+を購入して、初めてこんな色だったんだ~!と分かったわけです。

想像の色で作ったゲーム画面

白黒画面で想像配色設定のみで作り上げたゲーム画面がこちらです。むらさきですねぇ~♪ゲーム内容は、レベルを上げながら主人公を育て、宝箱からアイテムを集めつつ、塔の最上階にいるボスを目指すというものです。一応セーブ・ロード機能もあります。漢字出力などのテクニックはまだ自分には無かったので、半角テキスト文字とグラフィックパーツのみで作りました。このワンフロアの画面を描き終わるまで数十秒かかるくらい、初代機のスピードは低速でした。それでも自分で作った物が思い通りに動いてくれると嬉しいものです。

当時を再現!モノクロ化してみました

せっかくなので、当時の白黒ディスプレイではどのような感じで見ていたのか、画像を白黒加工してみました。見て驚き!確かにこのような感じでした。ディスプレイ自体もブラウン管だったのでここまで綺麗なモノクロではなく、もっとボンヤリした感じだったと思います。それでも雰囲気はかなり近いです。懐かしいなぁ~♪

恥ずかしいけどプログラムの一部

最後にタイトル画面プログラムの先頭部分から一部をご紹介。いや~見にくいですねぇ。昔は普通にこんな感じで書いていましたが、今時の書き方に慣れてしまうと、とっても見にくいなと思ってしまいます。懐かしいコマンドがたくさん書かれているので、必死に勉強していた中学生の頃を思い出します。よく最後まで完成させられたなぁ~と思ってしまいますね。このアシュラの塔、実はスマホアプリで復活させようかなと思っています。もちろん大幅にリニューアルさせて。まあ、いつになるかは未定ですけどね。期待はせずにお待ち下さい☆

人気ブログランキング参加中です♪

error: Content is protected !!